広島のおもてなし・鉄板焼きのお店 | どんとこ三川町店

Blog

「どんとこ社員旅行」〜ビールの旅〜

「どんとこ 社員旅行」〜アサヒビール工場見学編〜

ども。
どんとこオーナーの美野でございます✨

この度、1月の18日19日と連休を頂いて 皆んなで大阪、京都と行って来ました(^_^)

お休みの日に来ようとしてくださった方々、大変ご迷惑をおかけしました💦💦

この場を借りて、お詫び申し上げます🙇🏻

さて、
18日の朝 9:30に広島駅に集合して、新幹線で行って来ました。

皆んな 前日の営業の疲れで、新幹線のなかで寝ちゃってますねー。
寝た人間はやっぱりシール貼られるのは当然ですよねー(笑)

大阪駅に着くなり、駅の中にある、ビールの美味しいお店に飛び込みました❗️

6種類くらいの生ビールを揃えているのに、
どれもしっかりとした生ビールを入れてましたね(^_^)

更に、生ビールを注ぐ前にグラスを冷水に一度潜らせる技も使ってました。
(グラスを冷水に潜らせる事により、
生ビールが注がれる際の摩擦抵抗によるストレスが軽減させる事ができるのだ!)

その後、アサヒビールの「先人の碑」に伺わせて貰いました。
ここは、アサヒビールさんの経営が苦しかった時代から支えてくださったお客様達を祀った土地だそうです。

かなりの広い土地を使って、それだけの感謝の気持ちを体現されてるアサヒビールさんは、なかなか流石だなぁ、と思いました。

その後に「アサヒビール 吹田工場」へ

アサヒビールさんの丁寧な仕事を見させて貰いました。
点検と掃除をキチンとされてました。
安心と安全を考えて仕事されてる姿が見れました。

もちろんビールも飲ませていただきましたが、かなりのクオリティで、ヒデさんも太鼓判でした。

ビール工場と言えども、ここまでキチンと洗浄をされてるメーカーはなかなか無いなと感じましたね(^_^)

さて、
コレを見られてる方の中には、「なんでキリンさんじゃなくて、アサヒさんなの?」
と思われる方も居るんじゃないかな、と思います。

それは、来月から

三川町店 はキリンビール
八丁堀店 はアサヒビール

という形で営業させて頂く事が決まりました。

少し長くなるかもですが、その経緯をお話しさせて貰おうかと思います。

僕は 飲食業という世界で働いてから ずっとキリンビールさんのお世話になって来ました。
他のメーカーを使った事はありませんでした。

三川町店オープンの時も、キリンビール担当の方の尽力で一緒に「生ビールの名店を作る!」という目標を目指して頑張って、一年半で結果を出す事が出来ました。

正直、「広島一番」になれたのも
ヒデさんとキリンビールの担当の2人のおかげだと思ってます。

そんな頼りになる担当も去年の夏の終わり頃に担当を外れ、新しい担当に変わりました。

その方も不器用ではあるけれど、とっても頑張ってくれてはいましたが、まだ経験も少なく どうしても行き届かないところがありました。

だから 「変えた 」 というわけではありません。

実は ずっと アサヒビールの新人の男の子が足繁く通ってくれていたのです。

それでも断り続けていました。

僕も新人の子に弱いんですかね?
前にもFacebookで書いていたように、ちゃんと話しを聞いてあげて、色々とアドバイスをしてあげていました。
そのうち、新人とは思えないほど メキメキと力をつけて来ました。

「仕事が出来るようになってきたなぁ」と僕も感じていました。

聞けば、出社はみんなより1時間近く早めに出勤しているみたいです。
その辺からも彼の仕事に対しての熱意が 感じ取れました。

ずっとずっと、
「美野さんと仕事がしたいです!」
と言い続けてくれる彼の情熱に、1年半という歳月をかけて 僕の心が動かされてしまいました。

「ここまでされたら 人として何かお返しをしなきゃいけないなぁ、、、」

と 感じさせられました。

決してキリンビールさんが嫌いなわけではないです。
キリンビールさんのおかげで、賞が取れた事、その機会を与えて貰えた事に感謝しています。

でも、
「人に心 動かされる自分で居たい」
という 自分の価値基準に照らし合わせた時に、
アサヒビールの彼の行動に、動かされざるを得ませんでした。

僕の中でも 沢山 葛藤がありました。
キリンビールさんに 申し訳ない気持ちは今でもあります。
でも、これが
「お店と 自分の人生を成長させる選択」
だと思い、決断しました。

長々と僕の葛藤をここまで読んでくださりありがとうございます。

これからも どんとこを もっともっと良いお店にしていくために、常に葛藤し続けて行きます。

お店のホームページも見て貰えたらと思います(^_^)

トップページ